« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月 1日 (火)

小さな成功・四国バイクトライアル・愛媛大会

参加者のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

少数民族的な大会でしたが中身は濃かったと思います。
5セクション×3ラップ(3ラップ目は逆走)は、体力も要したと思います。
が、9セクション×2ラップが当たり前という地方大会もありますので、
良い経験になったかと思います。

ニュートラルゾーンの設置やグリーンマーカークラス等の設定、
また、申込み方法等、徐々に公式戦と呼ぶに相応しい大会を目指したいと思います。
まだまだ課題はありますが、ご協力いただけたことに感謝しております。

見学やスクールにもご参加ありがとうございました。
スクールと言いつつ内容は、ほぼ実践でしたね。
セクションの観察、ライン取り、構想力等、
また、大会でのルールやマナーを一部ではありますが、
直接体験できる良い機会だと思いました。
最初にしては、ちょっと酷かな?とも思いましたが、
バイクトライアルが、障害物を越えるだけの単なるお遊びではなく、
ルールやマナーのある歴としたスポーツであることを、
ご理解(体験)していただきたかったのです。

また、セクションに入る時のあいさつ、
練習を終えて帰る時のあいさつ等もしていただけて、
おかげさまで、気持ち良く大会、スクールの運営を終えることができました。
ありがとうございました。
こう言う、気持ち良さ・爽やかさが、次回の企画の原動力になるのだと思いました。

DADAHOUSE 山本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »